2017年04月26日

第11話 ピタゴラス勝率

野球の統計学で、ファンにはおなじみの言葉となった「セイバーメトリクス」。
その中に「ピタゴラス勝率」という指標があります。
これはチームの失点と得点から勝率を予測する計算式で、
(総得点の2乗)÷(総得点の2乗+総失点の2乗)で算出されます。
「総得点と総失点から推測すれば、これくらいの勝率が妥当であろう」というのが、ピタゴラス勝率な訳です。
総得点と総失点が同じなら、ピタゴラス勝率はちょうど5割になります。
実際の勝率がピタゴラス勝率を上回ると、上手い試合運びができているということですよね、よく「投打がかみ合った」なんて言いますが、まさにそれです。

例えば、私が敬愛する東京ヤクルトの4月25日現在の戦績は7勝13敗。勝率にして.350です。
このチームの総得点は58、総失点は69ですので、ピタゴラス勝率を算出しますと

(58×58)÷(58×58+69×69)

となり、ピタゴラス勝率は .414 となります。
得点と失点を見れば、ヤクルトはもうちょっと勝ってもいい、ということですよね。
チーム防御率が3.01ですからね、投手が頑張っても打線が...と言ったところでしょうか。

近年でもっともピタゴラス勝率と実際の勝率の差が大きかったのは、1999年のダイエーホークスです。
このときのピタゴラス勝率は.509。総得点と総失点がほぼ同じ数字だったんですね。
試合数で換算すると、総得点総失点から見込めた数字は135試合中68勝66敗1分(.5074)くらいです。
しかしながら、実際には78勝54敗3分 勝率は.591でした。
このシーズン、ホークスは1点差の試合に27勝14敗。僅差の試合に圧倒的な勝率を誇っていたわけなんですよ、お姉さん!(誰を対象者とした記事なのよ。)

ちなみにこの年のダイエーの主な選手は、
工藤公康 (MVP、最多奪三振196 11勝7敗)
城島健司(.306 17本 77打点)
ペドラザ (27セーブ)
特にこの人たち以外で成績で目立った、という方はいらしゃいませんでした。
これぞ組織力ってことなんでしょうね、お姉さん!

というふうに、ピタゴラス勝率と調べてみますと、また違った野球の見方ができるような気がします。
posted by 田中りゅうすけ at 02:03| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

第10話 コーヒー飲み比べ

この2日間、ひたすらコーヒー飲んでました。

なんとなく飲み比べをしようと思いまして。
突如思い立ったわけなんでございますよ。

飲んだのは、
セブンイレブン ホットコーヒー

IMG_1285.JPG


ローソン アイスコーヒー

63BBF685-EDDE-41AB-8707-EFD85C59A5F0-2057-000006C1277A2D63_tmp.png


コメダ珈琲 オリジナルブレンド (豆の状態でお送りします!)

IMG_1282.JPG


デリカフェ アイスカフェラテ
(写真撮るの忘れた。くうう。)

ファミマ アイスカフェラテ

IMG_1278.JPG


あくまでも私の個人的な意見ですけども、
もう一度。
あくまであたしの個人的見解です。

セブンのホットは税込100円と値段もお手軽で、香ばしくて美味しいです。
スタバのあの値段の高さはなんなのと言いたくなる。

スタバはシアトルに留学してた頃によく行きました。学校がスタバ第1号店の近くだったので。
学校の目の前にチェリーストリートというコーヒーショップがあったので、
そっちの方が行った回数は多かったですかね。

IMG_1284.JPG

これがチェリーストリートの商品。

話が若干逸れましたが。戻しましょう。

ローソンはね、全部店員さんが作ってくれるのがいいですね。
セブンは全て自力でやらないといけないですもんね。
そこをどうとるか。それが問題だ。

ローソンのカフェラテとファミマのカフェラテを比べて見ましたが、
ローソンの方が若干味が濃いような気がする…
ファミマはさっぱりしたお味。
という印象です。
どちらが好きかと言われると、なんとも言えないところです。
コンビニのカフェラテは本日が初挑戦だったんですよ。
もう少し経験を積んで、また飲み比べしよう。

コメダのやつは自宅で豆から挽いて淹れたので、なんかまた別枠で扱うべきなのかもしれません。
(正直、この二日間で1番美味しかったのは自分で淹れたコメダ珈琲でした。コーヒーメーカーが若干トラブって、苦労の末に手に入れたコーヒーだったからですかね。)

以上、コーヒーレポートでした。
参考にすらならなかったとは思いますが、いろんな店舗のコーヒーを飲んで比べてみられると、いろんな発見があるかと思います。


posted by 田中りゅうすけ at 18:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

第9話 お花見。

行ってきました万博公園。


IMG_1905 (1).JPG


目的は、そう。お花見です。
今年は桜の開花が例年より1週間ほど遅かったのでこの時期になりました。
ちょうど見頃でしたが、計画段階で天気が心配でした。
しかしながら、
曇り男の本領発揮ですね。
何とか雨は降らずに済みました。

桜の写真がこちら。

IMG_1913.JPG

美しいですね。これぞ春の醍醐味といいますか、風物詩といいますか。
1年のうちで満開の桜を見られるのは数日だけなので、巡り合えたことも奇跡に近いです。

接近して撮ってみました。

IMG_1911.JPG

iPhoneのポテンシャルなめたらあきませんね。一眼レフにも負けない、立派な背景のぼやけ具合。
iPhoneは肉弾戦がお好き?
いーや、そこじゃないんすよ。見てほしいのはこの美しい桜。
桜のすごいなと思うところは、接近してもなお美しいままである点。
美しいものというのは、接近しすぎると細部まで見えてしまって、かえってきれいに見えないことが多いです。美しい女性もそうですよね。
いらんこと言いの悪い癖が出てしまいましたが、まあそれはおいといて。

たまたま日曜日に満開で、偶然それを見ることができました。厄年が終わるとこんなにも人生うまくいくもんかね、と思ってしまうほど奇跡のタイミング。

2017年は割と順調に季節を満喫してます。次は端午の節句ですね。どのように堪能しようか。とりあえず柏餅ですかね。5月5日の楽しみ方は、他のシーサーブログのライターさんの記事を参考にしましょうか。

最後に、近くにあるニフレルのワオキツネザルの可愛いワンシーンでお別れしましょう。

IMG_1982.JPG

群れるしっぽ。可愛すぎる。キツネザルわあああお。
posted by 田中りゅうすけ at 01:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする