2017年06月07日

第15話 鼻血が出た時の話

この前顔を洗ってまして、鏡を見るとなんかいつもより顔色がいいような気がしたんです。
「おー今日は体調いいのかな。ふふん」なんて思ってましたら
鼻付近が真っ赤っか。
ルドルフ。洗顔の最中に出た鼻血に気付かず、顔全体に薄く伸ばして塗りたくってたというわけでございます。
知らぬ間にあちこちに血が飛び散ってました。
まるで事件現場ですよ、コナンも金田一も十津川さんも窓際さんもみんなびっくりやねこれは。
この前阪神の鳥谷敬先生が流血してらっしゃいましたけど、あの通りのことが我が家で起きてしまいました。鼻に何か衝撃を受けた覚えは全くないのに突然大量出血。取り敢えず鼻筋を圧迫しながら鼻にティッシュを詰める。ひたすら詰める。
詰めてほっといたら、なんと、なんと、出血量があまりに多くて、
お隣の鼻の穴まで血が進出。
左から出た鼻血が、逆流して右からも。溢れ出す血。献血にはしばらく貢献できません。
20分ほど経ってようやく止まりました。


6年前に同様の症状で病院にいったとき、「鼻の皮膚がほとんどないなあ」
って言われました。
病院行ったらまた言われるんでしょうかねぇ。そんなこと言われてもねえ。皮膚ちょうだいよ。例のなんちゃら細胞を俺で人体実験してくれ。その時はレーザーによる鼻腔内焼畑農業でしたけど、6年前とは医療技術が違うでしょうから、なんか近未来的な治療を期待しちゃいます。

出血常連の私による、常連鼻血の止め方講座。(いえええええい)

まずしちゃいかんことだけお伝えします。
① 上を向く。
逆流して喉や胃に血がたまります。そんで嘔吐の原因に。

② 肩や首をトントン叩く
余計に血が出るよ。そりゃそうよ。
これは仕事をクビにしたい人にやってください。
鼻血出るわクビになるわでは可哀想すぎる。


さて、これらの行動を封印した上で、本題の血の止め方。

① 鼻にティッシュを詰める。
② 鼻の軟骨部分を指でつまんで圧迫
③ 水や氷で冷やして血管を収縮させる。

これが1番止まりやすい。そして安全。
今回はこの方法で対応いたしました。
おすすめよ。

その後の処理は、またその時考える。


ほんならまた次回お会いしましょう。
posted by 田中りゅうすけ at 01:36| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください