第33話 今年のプロ野球を振り返ろう その①


今年のプロ野球もいろんなことがありましたんねえ。

あと数日で2017年も終わり。

ざっと振り返って見ようと思います。


まず、2017年開幕前の出来事から振り返りましょう。

​1月

16日
● 野球殿堂博物館が2017年度の野球殿堂顕彰者を発表

プロ野球関係の表彰で、
元西武 伊東勤をプレーヤー表彰者として表彰。

伊東勤の選手としてのプレーをあまり見たことがなかったので正直ピンと来てない部分もありますが、

あの頃の彼のパワプロでの輝きはすごかった。
ライオンズの黄金時代を築いた1人ですね。

引退後即ライオンズの監督になったのも、なかなか衝撃的でした。

● 埼玉西武ライオンズは、本拠地である西武ドームの名称を3月1日から
 『メットライフドーム』にすることを発表。
  
暑くてたまらん球場「メラド」の誕生です。

一度行ってみたいんですが、

今あたしはBリーグで忙しくて。

なかなか所沢まで行く時間がありませぬ。

ストークスとハンナリーズを追いかけてるんです。
私の過去のBリーグの記事はこちら。

是非ご覧くださいませ。








Bリーグとプロ野球のシーズンが被るのは

3月〜5月、そして10月。

もし参戦するとしたら、

8月ごろだね。

まさに「メラド」な時期に行かねばなりませぬ。



26日
 横浜DeNAベイスターズは、ジョー・ウィーランドの入団を発表

伝説の選手の始まりはここだったわけですな。

彼はのちにホームランを3本も打つ好投手となりました。

動画はこちら。
・侍ジャパン監督 小久保裕紀が、大谷翔平のWBC日本代表代表からの離脱を表明


そう、少し揉めたあの事件です。

1月31日の日本ハムの会見の後に、小久保監督が大谷が投手として代表に参加しないことを知ったやつです。



19日

・大松尚逸、ヤクルトに入団


これは一部のファンは歓喜だったでしょう。
大松さんは大人気ですから。ええ。

ヤクルトファンの私としては非常に嬉しかった記憶があります。

この後、大松尚逸は後世に語り継がれる偉業を成し遂げます。

詳細は後日。






​3月


22日
・WBC準決勝、日本代表がアメリカに敗れる

これ今年の話なんですよね。
かなり前に感じておりますが、私だけでしょうか。


これで小久保監督が退任し、稲葉ジャパンが誕生します。

正直、今年のWBCはあまりインパクトがなかったような…

これまたあたしだけ?


というわけで、ざっくりとシーズン前の出来事を振り返ってみました。

この記事へのコメント

スポンサーリンク