2017年11月25日

第30話 震える寒さに

雪降ってもおかしくないんじゃないか、
というほどの寒さですよ。

完全に冬が来ました。

まだ11月だというのに。どうしたもんか。

全身ヒートテックですよ。

そうでもしないと外に出られませぬ。

この時期にすでに彼らが出動してるってことは、
12月〜1月は一体どうなるのでしょうか。
また考えます。


そんな季節に、心が温まる曲を。
「日替わり女神」という曲。

1日の中で、
気分がちょっとだけ良くなる瞬間って
何度かあると思うんですよ。

例えば、コンビニの店員さんが素敵な笑顔で対応してくれたり、

服買いに行って接客してくれた人が優しかったり。

あとは久し振りに友人に会ったりとかね。

そういう瞬間を噛み締めて生きたいなと思うわけなんですよね。

簡単にいうと、そういう歌です。



作詞作曲は私です。




​そうなんです。私です。
ぜひ聞いてもらえたらなと思います。
お願いします…うおおおおおお。






posted by 田中りゅうすけ at 10:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

第28話 またしても紅葉 兵庫県篠山市 大国寺

またまた行ってきました、紅葉。
今日は兵庫県篠山市の大国寺というお寺。



1FE9DC3C-32D0-4614-8FE3-3CA5DDAB7E26.heic

631BB2C3-0AA9-4700-A5BF-6620F02AA598.heic

こんな感じ。

日本の重要文化財に指定されています。

とにかくね、紅葉が綺麗でした。

130AA31D-5474-4D81-8327-45CC6C11D110.heic

FEEAB101-BF8C-4DED-B2A9-99984328F56C.heic

3B618FD1-D05A-432E-B796-65B33127FFD0.heic


50FFCC4C-C44C-4266-8CCD-8807E828BE19.heic



もう言葉はいらんでしょう、見ての通りです。

この時期にしか見られない、あまりに美しい光景。


本日の14時ごろでしたかね、天気も良くて、葉が太陽に照らされて真っ赤でした。

編集は全くなしです。録ってそのまま載せてます。


CC23903B-EF96-4BF8-A852-11E945AF3892.heic


まだ色付いていない葉も。

緑の葉っぱは見慣れてるはずなのに、今日はそれが珍しくて目立ってました。



5F4B6413-9686-4763-811B-853982BE81B3.heic

E3DB9BFB-FCF0-45E6-B0CC-9938422FC8C2.heic

おびんづる様にも出会いました。

自分の患っている部分と同じ箇所を撫でると、病状が改善するとのことです。






091B89AA-B254-4886-A350-4CB00BA29786.heic

いやー、ほんまに綺麗でした。
天気と色付きがほぼ完璧。運に恵まれました。


ラベル:お寺 紅葉
posted by 田中りゅうすけ at 21:09| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

第27話 紅葉の季節 Part2 東寺に行きました

さあ、前回の続きですぜ。


前回はこちら→Part1 智積院に行ってきました

智積院に行った後は東寺へ。
こちらも京都駅から徒歩で行ける距離です。


RIMG0117.JPG

早速見えちゃいました、五重塔。
色づいた葉っぱとともに移ると、これぞ秋っちゅう感じですね。


RIMG0104.JPG


長谷川等伯先生の作品のような、勢いのある枝。
毎回思うんですけど、人工物が自然に美しさで勝つことはできないと思いますね。

等伯先生の作品展があったのでそこにも入りましたが、例のごとく撮影禁止でした。

RIMG0121.JPG


五重塔を真下から見上げる。

これね、エイが重なって泳いでるように見えません?

この角度からですと、塔には見えませんなあ。


RIMG0118.JPG

きれいな葉っぱの絨毯です。これこそアラジンの言う ”The Magic Carpet”です。


RIMG0131.JPG

夕日に照らされる葉っぱに接近。「秋」っていう感じですね。
影もあってより風情が出ます。
光があるから影ができる。


RIMG0129.JPG

ありがとう、東寺。また来年の紅葉の季節に。

おそらく今週の土曜、11日なんてほんまにベストなタイミングではなかろうか。
みなさん、京都行きましょう。秋を楽しもうじゃありませんか。

というわけで、2回にわたってお送りいたしました京都シリーズ、これにて終了です。
ありがとうございました。

次回の更新は、近いうちに。
posted by 田中りゅうすけ at 01:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

第26話 紅葉の季節。Part1 京都智積院に行きました

行ってきました京都。

そうだ、京都へ行こうというわけではないですが、

前から行きたかった智積院へついに行くことができました。
京都観光っていつぶりかなあ、
前行ったのは人生初のBリーグ観戦で観光はしなかったから、
少なくとも1年以上は前か。

京都駅から少し歩くと、そこはもうまさに京都です。
みんなが思い浮かべる京都です。

智積院までの道のりも京都らしくてよかった。

RIMG0072.JPG

高瀬川。おそらく地の人はこういうのに目をとめたりしないんでしょうね。
私のようによその土地から来たものだからこそ、ただの橋の看板にまで興味を示します。


RIMG0073.JPG

鴨川。あの有名な鴨川ですよ。

RIMG0075.JPG

寒かったからかな、奴らが均等に並んでない。やったぜ!

RIMG0078.JPG

池田屋事件 もう一つの舞台地。


RIMG0082.JPG

はい、智積院!つきました。

RIMG0083.JPG

この時点でワクワクが止まらんですよ。

RIMG0087.JPG

まだ見ごろは迎えていないというか、まだまだ色づきそうです。
でも、緑と黄が入り混じるのもまたをかし。

おや、なにやらフォトジェニックな。

RIMG0085.JPG

ハートですねえ。これは若い子に受ける。おじさんにはインスタは辛いです(26歳4か月)

RIMG0088.JPG

「南無大師遍照金剛」真言宗で唱えるお経で一番短いもので、弘法大師空海に帰依するという意味です。

RIMG0092.JPG

これ家に欲しいわ。心が安らぎますやん。
緩やかに水が流れること、これほどの癒しはありません。

本当に見るべき箇所はすべて撮影が禁止されていますので、私の写真はこんな感じ。

来週あたりですかね、本当に紅葉がきれいだと思いますよ。

狙うなら来週!皆さん、京都楽しんできてください。本当におススメ。
posted by 田中りゅうすけ at 02:04| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

第23話 お風呂で回復!athlete方式の入浴法

日常生活を送っていると、どうしても疲労がたまってしまいます。日々の練習や試合で疲れてしまうアスリートたちは、どのようにして体の疲れをとっているのでしょうか。

日常生活の一部である入浴。アスリートたちは運動後の疲労をなるべく早く回復させるために、入浴にもひと手間かけているそうです。特に温かいお湯と冷たい水を使った「温冷浴法」は手軽に出来る疲労回復方法として人気なんだとか。この「温冷浴法」は、昭和初期の医学者、西勝造さんが1927年に創始した健康法のひとつで、オーストラリアの国立スポーツ研究所の論文にも、その効果が証明された旨が書かれています。

温度差のあるお湯と水(温度差は30℃程度が目安)によって毛細血管が拡張・収縮を繰り返し、ポンプ作用のように血液を送り出して全身の血行改善・疲労回復が期待できるといわれています。40度位の浴槽と、冷たい水が入った浴槽の2つがあれば理想ですが、自宅で行う際は水風呂のところを水シャワーにして行うようにすると実践しやすいと思います。

【実践例】
① コップ1杯お水を飲む
②(温浴)40~42度のお湯に3~5分入る
③(冷浴)シャワーで冷水を10~30秒浴びる
④ これを3~5セット行う
⑤ 冷水でフィニッシュ!

少し時間がかかりますが、世界各地のアスリートが行っており、さらに論文でも効果が実証されているわけですから、個人差はあったとしても効果はあるはずです。

私も今年の1月、足の冷え性に悩んでいた時にこの「温冷浴法」を実践しました。たしかちょうど大雪が降った日だったと思います。あの季節に冷水を体に浴びたとき、

台風がきた翌日に滝に打たれに行った日(水量が多くて本当に危険だった)を思い出してまさに苦行でした。

しかしながら慣れてしまえばとても気持ちよかったです。その日の夜は暖房もいらないほど体がポカポカして、体も楽になりました。ブログをご覧のみなさんにも是非試していただきたいです。本当に効果があります。

なんで今の季節に、と思うかもしれませんが、早めに手を打ってしまえば寒い季節も乗り越えられます。
先手必勝、温冷浴法。
人生、即、芸術。(関係ない)
posted by 田中りゅうすけ at 15:04| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク